癒しの犬大百科

ニューファンドランド

英語表記
Newfoundland
原産国
カナダ
サイズ
大型犬
体高
71cm前後
体重
68kg前後

ニューファンドランド

ニューファンドランドの特徴

体長より体高がやや長く、がっちりした胴体と手足をもつ超大型犬です。頭は大きく、頭蓋骨は幅広く、マズルはスクエアでストップがあります。
目と鼻の色は毛色との調和が求められています。足には水かき用に発達した膜があります。被毛はダブルコートですが、下毛は皮脂をたっぷり含んで水分をはじくため、厳冬の海での長時間の泳ぎでもパワフルに動きます。

標準的な体高はオスが71cm程度、メスは66cm程度とされています。

ニューファンドランドの性格

穏やかで優しく、フレンドリーな性格です。甘えん坊で人間が大好きなため、来客にも懐いてしまい、番犬は務まらないでしょう。 依存心が強い傾向がありますので、愛情とともに自信を与えてあげるようにしたいものです。

ニューファンドランドの飼い方

身体は大きいものの、陸上では運動不足になりがちです。1回1時間以上の散歩を1日2回以上行ってあげましょう。泳ぐのが大好きな犬種ですので、可能なら泳ぐ機会をこまめに与えてあげたいものです。

賢く、人の言うことをよく聞こうとし、しつけは難しくありませんが、寂しがり屋で依存心が強いので、自信をつけさせるようによくほめて育ててあげましょう。 子どもやほかの犬とも仲良くできます。見知らぬ人や訪問者に対する警戒心も低いので、番犬にするのは難しい面があります。

長毛のダブルコートであり、大きな体で面積のあることから、被毛の手入れが大変であることを覚悟して飼育する必要があります。 少なくとも週に2~3回、できれば毎日ブラッシングやコーミングをしてあげる必要があります。 特に換毛期ではかなりの抜け毛があることを十分に理解しておいてください。

寒い国の犬であり、保温性の高い被毛をしていますので、日本の夏の暑さはつらいものです。できるだけ室内で、気温の管理をしながら生活をさせてあげましょう。

ニューファンドランドの歴史

日本語では、その長い名前を短く縮めた「ニューファン」と呼ばれているニューファンドランドは、カナダのニューファンドランド島からその名が与えられた超大型犬です。

彼らの歴史は古く、カナダで長年暮らしてきた土着の犬や、漁船や交易船などから持ち込まれたグレートピレニーズやレトリーバーが基礎となったと考えられています。

その年代については諸説あるものの、ニューファンドランド島で猟師の仕事を手伝い、得意の泳ぎを生かして海の救助犬として働いていたという説には異論がありません。

18世紀から19世紀になると、猟師や船乗りたちから良き相棒として認められたニューファンは島国イギリスに持ち込まれました。そして、古くから犬好きのイギリス国民の手でさらに育種が進められ、評判はイギリス周辺諸国にも広がることになりました。一方、原産国のカナダではあまりにも多くのニューファンたちが輸出されてしまったことや、カナダ国内での飼育頭数制限により、一時は絶滅の危機にまで追い込まれてしまったのです。そこでイギリスで積極的に繁殖が行われ、ここから北欧諸国やアメリカへ輸出されるようになりました。

穏やかで優しく、、島流しとなっていたナポレオンが脱出する際、船から転落して溺れかけていたところを助けたのがニューファンドランドであったとも言われています。 現代でもたくさんのニューファンドランドが、世界中の海の海難救助犬として、人を助ける仕事を請け負っています。

ニューファンドランドの毛色

ニューファンドランドの毛色にはブラック、ブラウン、ホワイト&ブラック(ランドシーア)の3色があります。

ニューファンドランドの気を付けたい病気

ニューファンドランドは大型犬や超大型犬で起きやすい心臓疾患があります。

大動脈弁狭窄、心房中核欠損など、子犬の頃から見られる先天的な疾患や、年齢を問わず現れる拡張型心筋症、僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)などが見られることがあります。

ほかには、鼓腸症や胃捻転など、大型犬で起きがちな消化器疾患があります。 ドカ食いを避けるために1日2回以上に分けて食事を与え、食後は落ち着いて過ごさせるようにしましょう。